トップページ > 平成29年度産業社会と人間

平成29年度 産業社会と人間

9月26日(火) 総括発表会 

 「産業社会と人間」最後の授業、総括発表会です。全員が発表できると良いのですが、時間に制限があるので、代表者による発表会です。
 今年は「サマーワーク」と「地域校外学習(企業訪問)」と「ライフプラン」について数名ずつ発表してもらいました。生徒による司会者2名により進行されました。それぞれの体験や考えがよく伝わりました。
 後半は、担当の先生方からの総括、「産業社会と人間」の授業半年間の講評・感想を語ってもらいました。
 この授業を通して、将来が明確になった人、迷っている人、色々ですが、「考えること」や「やってみること」が何かのきっかけになると思います。1年生はこれから4つの系列に分かれての授業が始まりますが、それぞれの系列で夢に向かって進んでいってほしいと思います。
           
 

9月21日(木) Work Life Story Expo`17

 今日は「産業社会と人間」の授業の一環として、「Work Life Story Expo`17」へ参加しました。「Work Life Story Expo`17」は高島市役所 市民協働課の主催で、19企業が参加した地域連携による高校生キャリアデザイン事業です。午前中に高島高校の1年生が参加し、安曇川高校総合学科1年は午後に参加しました。
 バスで今津サンブリッジホテルへ移動し、対話形式での学習を行いました。19の企業の方々が別々のテーブルに分かれておられ、生徒たちが希望の企業のテーブルへ移動、30分の対話を行います。時間が来るとまた生徒が違うテーブルへ移動する、という形式で合計3回の対話を行いました。
 各企業、スライドやプリント、実物の製品などを使って生徒たちに説明をしておられました。生徒は説明を聞くだけではなく、質問をして様々なことを聞き出す、のが目的です。そうして聞き取った企業の現場の様子から、各自のキャリアビジョンを描いていきました。最終目的は「自分の将来像を考える」ことです。
 最初は緊張していた生徒たちも、各企業の方たちの丁寧なお話を聞いて次第にリラックスし、色々な質問をしていました。自分たちの将来像をより具体的に考えてほしいと思います。
 今回、企画して頂いた高島市役所 市民協働課を始めとするコーディネーターチームの方々、また協賛・参加して頂いた企業の方々、大変お世話になりました。有り難うございました。
                         
 

9月19日(火) Work Life Story Expo`17 事前学習/総括アンケート

 いよいよ「産業社会と人間」の授業も残り少なくなりました。今日は21日(木)に行われる「Work Life Story Expo`17」の事前学習として、高島市役所職員の原さんと加藤さんより、説明・事前資料の配付などをして頂きました。21日には参加企業の方々と少人数での対話形式でお話を聞いたり、質問をしたりします。
 また、半年間の授業を振り返る「総括発表会」も近づき、個人個人の総括としてアンケート・作文の記入、学習ファイルの整理などをしました。
 残るは「Work Life Story Expo`17」と「総括発表会」のみです。意味のある半年間となるように最後まで頑張って取り組んでいきたいと思います。
   
 

9月14日(木) 地域校外学習

 今日は地域校外学習の当日です。安曇川高校近隣の企業・事業所を訪問し、説明を受けたり、用意していった質問をしたり、仕事の現場を見学させて頂いたりしました。積極的に生徒から質問をする、将来の仕事というものをイメージしながら働く人たちを具体的に知る、より身近に自分たちのこととして捉える良い機会となりました。
 本年も23カ所の企業・事業所の方々にお世話になりました。お仕事中にお邪魔をしたうえに様々なことを教えて頂き、有り難うございました。
   
                          各企業・事業所にて①
   
                          各企業・事業所にて②
   
               各企業・事業所にて③                    バスのグループが帰校

   今日のレポートを記入

9月12日(火) 社会人講演会Ⅲ

 本日は講演会の最後、社会人講演会Ⅲです。講師は毎年お世話になっている、日産プリンス滋賀 安曇川店 店長の永友誠さんです。演題は「産業社会と男前新聞」です。
 永友さんは安曇川高校普通科の卒業生であり、若くして店長になられた、地元の安曇川で頑張っておられる本校の先輩です。接客業ということもあり、話術は軽快でおもしろく、毎年来ていただいていますが、去年聞いていないエピソードもどんどん出てきます。身近な地域の先輩のお話を聞いて、自分たちの将来を考える糧にしてほしいと思います。
 とても楽しい講演でした。永友さん、大変お世話になりました。有り難うございました。
     

9月7日(木) 地域校外学習事前学習②

 本日も前回に続き、9月14日(木)に行われる地域校外学習の事前学習をしました。訪問先の事業内容を調べ、質問内容をグループでつきあわせてより良い質問を考えました。地域校外学習では今年も20以上の事業所にお世話になります。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。
   

9月5日(火) ライフプラン発表会③・地域校外学習事前学習①

 まずは前回の続きでクラス内で「ライフプラン」の発表会が行われました。各クラス内で全員がお互いの発表を聞き、クラス代表が決められました。
 続いて、9月14日(木)に行われる、地域校外学習の事前学習をしました。アンケートで決まった訪問先ごとのグループで集まって、顔合わせ、訪問場所及び交通手段の確認をし、訪問先での質問内容を考えました。いつものクラス単位ではなく、希望で集まったメンバーでの活動になります。お互いのコミュニケーションを取りつつ、訪問先で積極的に学習して、多くのことを得てほしいと思います。
   

8月31日(木) ライフプラン発表会①・②

 夏休みが終わり、「産業社会と人間」が始まりました。前期のみのこの授業も残り少なくなりました。今回は夏休み前に作成した「ライフプラン」をクラス内で発表しました。各自でライフプランは作成しましたが、他のクラスメイトがどのような考えを持っているのか、発表を通じて参考としてもらいます。また、「発表をする」ことにもチャレンジして、人前で話す訓練をします。
 内容はそれぞれがどのようにして系列を決めたか、どんな将来を考えているのかが中心でした。発表の様子の方は、声が小さかったり、下を向いて原稿ばかり見ていたりなど、まだまだ慣れていない生徒もいました。
 クラス発表が終わるとクラス代表が決められ、最後の総括発表会で総合学科1年全員の前での発表となります。
   

7月11日(火) サマーワーク説明会②

 今回はサマーワークの具体的な取り組み方、手続きについて学習しました。①ボランティア体験コース・②オープンキャンパス参加コース(職業体験を含む)・③職業レポートコースの3コースそれぞれの手順について詳しく確認しました。特に③職業レポートコースでは電話のかけ方(アポの取り方)について「産業社会と人間」担当の藤本先生と、1組担任の久保先生による模範演技がありました。良い話し方・悪い話し方を実践してくださり、とてもわかりやすかったです。
 休み時間には①ボランティア体験コース希望の生徒が藤本先生の周りへ集まっていましたし、②オープンキャンパス参加コース希望の生徒は生徒指導室前のチラシコーナーに集まっていました。
 夏休みの生徒たちの活動が充実したものになるようサポートしていきたいと思います。
  

6月29日(木) サマーワーク説明会

 今回はサマーワークの取り組みについて学習しました。
夏休み期間中に「産業社会と人間」の取り組みとして生徒全員にサマーワークを行ってもらいます。サマーワークには3つのコースが用意されています。①ボランティア体験コース・②オープンキャンパス参加コース(職業体験を含む)・③職業レポートコースです。
 この活動を行ってもらうための学習として各コースの講義を受けました。

講義①「ボランティア活動について」(講師:高島市社会福祉協議会 小笠原 滋さん)
  ボランティアの参加方法だけでなく、ボランティアは自分にとって気づきを生むものであると仰っていました。「ふだんのくらしの中で自分らしくしあわせを感じてよりよく暮らす(福祉)」の精神に基づくのがボランティア活動で、地域の活動に参加するのもボランティア活動になるとのことでした。
講義②「オープンキャンパスの参加の仕方」(講師:株式会社さんぽう 孝中 真二さん) 
  必要なこと3つをわかりやすく教えて下さいました。
  1、進路室でチラシを見たり、聞いたり、調べたりする。
  2、オープンキャンパスへ参加し、自分に合うかチェックする。
  3、体験した内容を記録する。
  とくに3は進学時の面接に役立つので必須だそうです。
講義③「職業レポートについて」(講師:株式会社さんぽう 孝中 真二さん)
  同じく3つの項目
  1、インタビューするために身なりの準備、職業をイメージしたり、調べたりする。質問を用意する。
  2、インタビューする。
  3、感じたこと、実際の現場はどうだったか、など振り返る。
それぞれ大切なことを教えて頂きました。講師の方々には大変お世話になりました。

 夏休みにそれぞれが新しい自分を発見できることを期待しています。
     

6月20日(火) 履修計画の作成④(個別面談)/ライフプラン②

 前回、系列担当者との面談でしたが、本日は担任と一人一人が最終確認をする個別面談を行いました。選択科目が適切な範囲から選ばれているか、本人と保護者の同意があるか、進路希望に適しているか、などを確認しました。 個別面談と平行して、面談中でない生徒はライフプランの続きをまとめ、発表用原稿の作成をしました。
 系列選択が確定する日が近づいて来ました。

6月16日(金) 履修計画の作成③/ライフプラン①

 前期中間考査が終わり、最初の「産業社会と人間」の授業です。今日は履修計画の作成③として、系列科目担当者との個別面談を行いました。4クラスを前半後半に分け、面談をするクラスは各系列の担当者と面談を順次行いました。特に情報系列が人気で、多くの生徒が列を作っていました。
 面談をしていないクラスは先にライフプラン①として原稿作りをしました。「私のトピックス」・「私のライフプラン」・「私はどんな人」のワークシートを使って「ライフプラン発表会」の原案を考えました。
 いよいよ各自の系列希望が明確になってきました。将来の進路が固まってきた人もいます。それぞれがより良い選択ができることを願っています。
    

6月8日(木) 社会人講演会Ⅱ

 社会人講演会Ⅱでは(株)グラン・ゲートの安田智子さんを講師として招き、体育館を使って講演をして頂きました。演題は「自分の未来のために今からできること」です。また、昨年も一緒に来て下さった熊木太郎さんもご自分の体験談を語って下さいました。
 夢を実現するには、「夢に日付を入れると目標になる」というお話をとても具体的にして下さいました。そしてどんな悪条件に今あっても、何が逆転して強みになるかわからない、と仰っていました。そして不可能を可能にするには人間関係を作ること、そのために大切なことは①挨拶②聞くこと③味方になること、だそうです。人間関係を作って、本当の味方を作れば、不可能が可能に変わってくる、大きな力になると仰っていました。
 安田智子さん、熊木太郎さん、熱い講演をして頂き、大変有り難うございました。
           

6月6日(火) 社会人講演会Ⅱ事前学習/社会人講演会Ⅰ(全体発表会)

 今回は最初に6月8日の社会人講演会Ⅱ事前学習として「夢をカタチに」というテーマで画用紙へ自由に描くという活動をしました。
 続いて4時間目には5月25日の社会人講演会Ⅰの全体発表会を行いました。講演会Ⅰでは5人の講師の方から5つの会場に分かれて講演を受けました。そこで代表者が講演会の様子を発表することで聴けなかった講演の内容を知り、少しでも進路決定の参考にしてもらう機会として行われました。司会役・発表者ともに、まだまだ発表になれていない様子でしたが、これから人前での発言に慣れていってもらいたいと思います。
       

5月30日(火) 履修計画の作成②(履修計画作成・系列質問会)

 今日は2回目の履修計画作成です。最初に全体で履修と「マイ・モデルプラン」作成の説明を聞きました。続いて各自作成に入り、系列の詳しい中身や、選択科目についての質問がある人、迷っている人のための系列質問会も合わせて行われました。
 すでに系列を決めていた人はスムーズに作成できたようですが、迷っていたり、疑問が残っていたりした人が質問会に来ていました。どの生徒も積極的に担当の先生方と話していました。最終決定は7月ですが、納得のいく選択ができるように真剣に話している様子は頼もしく見えました。
    
 

5月25日(木) 社会人講演会Ⅰ

 社会人講演会Ⅰは先輩の話しを聞こうということで、5名の方に講師として来て頂きました。
講師の方は①琵琶湖ホテル ウエディングプランナーの阪井 亜衣子さん ②ガルーダインドネシア航空 キャビンアテンダントの熊谷摩耶さん ③農家レストランだいきち 料理人の廣坂慎也さん ④スクールカウンセラーの 日花滋子さん ⑤パナソニック株式会社アプライアンス社 社員の藤田梢平さん です。
 それぞれの職業に就くまでと就いてから、また仕事についてのお話をして頂き、生徒の質問にも答えて頂きました。現場で働く方のお話・アドバイスを元に、生徒自身の進路についてより深く考えてほしいと思います。
 講師の5人の方々、貴重なお話をして頂き、有り難うございました。
          
 

5月23日(火) 社会人講演会Ⅰの事前学習・履修計画の作成①

 3限目は次回に行われる社会人講演会Ⅰの事前学習をしました。会場別に分かれて係を決めたり、講師の方への質問を考えたりしました。
 4限目は履修計画作成の説明が行われました。今回は履修登録のスケジュールを確認しました。今後系列についての質問会や個別懇談等を経て、1年後期から3年までの履修計画を作成していくことになります。
     
  

5月17日(水)・18日(木) 校外学習の発表会準備・校外学習発表会 

 校外学習の発表会は例年、授業外の時間に発表者中心に準備をしていましたが、今年はクラス全員が参加できるように前日に時間を取り、発表内容を模造紙で作成しました。ポイントを考える者、作文する者、写真を選ぶ者、レイアウトする者など役割分担をして作り上げました。
 次の日に、発表担当者が各クラスを回って発表しました。作成した作品を間近で見てもらい、質問をしやすい状態にしました。自分のクラス以外の発表・作品に接して、例年よりも多くのことを伝えられたと思います。
    
                              発表準備
          
                    発表準備
    
                    大津市公設地方卸売市場・成安造形大学コースの発表
     
                キリンビバレッジ株式会社滋賀工場・滋賀県立大学コースの発表
    
               JR西日本旅客鉄道株式会社野洲派出所・立命館大学コースの発表
                 パナソニック株式会社アプライアンス社・龍谷大学瀬田キャンパスコースの発表

5月11日(木)・16日(火) 体験系列ガイダンス①・②

 今回は2回(合計4時間)の「産業社会と人間」の時間を使って、4つの系列の模擬授業を受けました。クラス別に各コースを一回ずつ体験し、具体的にどんな授業をするのか、自分がどの授業に興味を持ったか、などより深く系列を知る機会になりました。 
         

5月9日(火) 校外学習

  第7回目は校外学習です。朝早くから集合し、クラス別にバスで県内の企業・大学への見学へ向かいました。
コースは①JR西日本旅客鉄道株式会社野洲派出所・立命館大学・②パナソニック株式会社アプライアンス社・龍谷大学瀬田キャンパス・③キリンビバレッジ株式会社滋賀工場・滋賀県立大学・④大津市公設地方卸売市場・成安造形大学の4つです。それぞれに有意義な体験や見学・説明を受けられました。お世話になった企業・大学の方々、大変有り難うございました。
              

5月2日(火) メモの取り方・校外学習の事前学習

  第6回目は「メモの取り方」です。以前「聞く力」を学びましたが、聞く力を使って適切なメモを取る練習です。担当者の朗読を聞いて必要なことをメモする訓練をおこないました。その後、次回の校外学習に向けての事前学習をしました。各クラス、4つのコースに分かれます。それぞれ見学する場所の確認や予定の確認をしました。
      

4月27日(木) 進路学習・時事問題②・系列希望アンケート 

  第5回目は進路学習です。進路指導課主任の一井先生より、総合学科の過去の進路状況や、進路の決め方についてのお話をして頂きました。そして前回の系列紹介と今回の進路学習を受けて、今現在の系列希望を書いてもらいました。もちろん、まだしっかり決まっていない人もいますが、進路の一井先生がお話の中で言っていた「できること・やりたいこと・すべきだと思うこと」の3つの重なるところは何か、自己分析して自分を見つめ直してもらいたいと思います。そして最終的な系列希望を決めるときには将来の進路も見えていると良いと思います。
              
        

4月25日(火)  系列紹介

  第4回目は系列紹介です。「ビジネス会計系列」・「ビジネス情報系列」・「建築デザイン系列」・「メカトロニクス系列」の各先生がそれぞれの授業などを紹介してくれました。まだまだイメージが出来ていない生徒も多いようですが、今後、進路学習や模擬授業、講演会、履修計画等を通して系列・その先の進路を考え、知っていってもらいたいと思います。
        
        

   

4月20日(木)  系列と教育課程・聞く力・時事問題①

  第3回目は最初に系列と教育課程についての説明でした。自分たちが選択する4つの系列について学びました。その後、時事問題①をし、後半では聞く力の映像を見ました。授業で講演を聞いたり、体験をしたりするときに聞く力が重要になります。もちろん、普段の授業にも役立ちます。効率よくポイントを聞いてまとめる方法や、注意点を学びました。
   
        

   

4月18日(火)  クラスメイトインタビュー

  第2回目の「産業社会と人間」はクラスメイトインタビューです。クラスで互いにインタビューをしてコミュニケーションをとったり、ジェスチャーゲームで親睦を深めました。各クラス、盛り上がっていました。文化祭や体育祭など、今後のクラス活動が円滑におこなっていけそうでした。
 これは話の聞き取り方と表現の仕方を学ぶ取り組みでもあります。コミュニケーション能力は社会に出るために必要です。今後様々な活動を通して能力を高めていってもらいたいと思います。
        

   

4月13日(木)  オリエンテーション

  平成29年度の「産業社会と人間」の授業が始まりました。後期からの系列を決めることももちろんですが、進路実現のための様々な力をつけたり、体験を通して社会や進路について考えたりしていきます。
 今日はガイダンスということで、「産業社会と人間」という 授業の目的や内容説明を聞きました。そして各系列から3年生の先輩4人(各系列代表)が実体験を語ってくれました。半年の授業を通して前期の終わりには系列が決まります。生徒たちが少しでも進路へ向けた道が見えてくるようになることを期待しています。