トップページ > 1月17日(水) 総合学科課題研究発表会

1月17日(水) 総合学科課題研究発表会

 1月17日(水)、総合学科課題研究発表会が藤樹の里文化芸術会館にて行われました。総合学科3年生の集大成にして最後の活動です。
 開会あいさつにて尾中校長先生が「今までの学校生活で①基礎の学習・②応用の学習・③研究の学習を学んできた、自分たちの成果の発表をプレゼンテーションの力で発揮して下さい。そして2年生は来年度自分たちは何を学習するかを考える機会として活用して下さい。」と話されました。
 各部門発表では①ビジネスマナー部門・②ビジネスアイデア部門・③商品開発部門・④情報処理部門・⑤機械加工・製作部門・⑥メカトロニクス制御部門・⑦ロボット制御部門・⑧電子制御部門・⑨木工・模型部門・⑩設計・製図部門の発表がありました。それぞれ1年間の取り組みを部門メンバーで協力して発表してくれました。
 パネルディスカッションでは各部門の代表者1名がパネリストとして壇上に上がり、1年間の工夫や苦労、学んだこと、成功したこと・失敗したことなどを語ってくれました。
 最後に講評にて中村教頭先生より「主体的に取り組んで、課題を見つけて解決してきた過程がよく分かりました。自分で分析・調査し、思考・判断することがこれから社会に出ると必要になってきます。高校生活で体験し、身につけたことを活かして下さい。表現することについては、知らない人にも分かってもらう力をもう少し磨いてほしいと思います。また、2年生は先輩から継承し、より良くしていってほしいと思います。」と話されました。
 3年生の皆さん、総合学科での学びを糧に今後活躍してくれることを祈っています。
   
    尾中校長先生挨拶              全体司会                部門発表
         
                          パネルディスカッション
   
                                                 中村教頭先生講評
   
                           各部門の展示物